• OTRSロゴ
  • 作業分析/業務最適化ソフトウェア
    作業分析ツールのトップブランド!

現在位置
 ホーム >  DXソリューション > Quuppa

DX関連

国際航業株式会社/Quuppa

Quuppa(クーパ)とは

Quuppa Intelligent Locating SystemはフィンランドのQuuppa Oy社が提供するBluetoothを使った高精度な位置情報管理システムであり、工場や倉庫などの屋内において人やモノの位置をリアルタイムに測位するためのプラットフォームです。

昨今のIoT、センサー技術の発展はめざましく、各種センサーや機器等から得られる膨大なデータを分析して、製造現場の課題の見える化を促進することができます。

Quuppa社が提供する位置測位プラットフォームを用いれば、工場や倉庫などの人・モノの動きを精緻にとらえて動線を可視化できるほか、製造現場における生産性向上に向けた改善活動を加速化することができます。

リアルタイムな位置測位はこんなところで役立つ

Quuppa Intelligent Locating Systemの構成

Quuppa Intelligent Locating System™は、Bluetoothベースで高精度測位(最高10cm)に対応する測位システムです。BLE(Bluetooth Low Energy)ベースの専用タグ、BLEからの電波を受信する受信機としてのロケーター、そして位置演算処理を行うソフトウェアから構成されます。タグから受信機への電波の入射角から独自のアルゴリズを用いて位置を算出します。

また、PC側で演算処理された位置情報はAPIを通じてアプリケーションに受け渡され位置情報が可視化されます。また、APIは公開されているため、対応するシステムと連携することが可能です。

Quuppaの技術的特徴

Quuppaの技術的特徴として、電波の“到達角度”を測る独自アルゴリズムにより、ビーコンの位置を特定しています。到達角度で測位するため、1台のロケーターによる単体利用なら二次元の測位、複数台のロケーターを使用すれば、三次元の高精度な測位が可能です。

また、 BLEやWi-Fiとは異なる独自の周波数帯域(2401MHz、2403MHz、2481MHz)を用いることによって干渉を避け、安定した測位を実現します。

Quuppaプラットフォームだけでさまざまな用途に対応

専用タグのほか、スマートフォン、各種BLEセンサーにも対応し、Quuppaプラットフォームで幅広い用途に活用可能です。

選べる位置演算頻度

業務用途により位置演算速度(頻度)を選ぶことができます。リアルタイム性や移動体の動きの速さに応じた必要なスペックの演算エンジンをQuuppaは提供しています。

低レイテンシ(低遅延)が求められるスポーツにも採用されています。

Patt Plus(パットプラス)により更なる見える化

国際航業社が開発・提供するPatt Plusは、製造・倉庫現場、建築現場、そして大規模商業施設といった比較的大きな空間における労働環境改善や生産性向上を実現するための高精度な屋内外測位利用アプリケーションです。

人やモノの位置を屋内外問わずに高精度・リアルタイムに特定することができるセンシング技術を、パソコンやスマートフォン・タブレット端末で利用可能なアプリケーションソフトに搭載し、パッケージとして提供します。

工場や倉庫内の人の動きや仕掛品などのモノの滞留時間をリアルタイムに把握し可視化することで、工場や倉庫の生産効率化に貢献します。