• OTRSロゴ
  • 作業分析/業務最適化ソフトウェア
    作業分析ツールのトップブランド!


  •  保守ログイン

  •  資料請求・デモ
現在位置
 ホーム > 商品概要 > OTRS10の特長

商品概要

OTRS10の特長



(1) シンプルで直感的に使えるUI

OTRS10は旧バージョンに比べて、格段に使いやすくなりました。シンプルなデザインと落ち着いたカラー設計に加え、分かりやすくフレキシブルな画面構成やツールバー、グラフィカルな表示等によって、直感的な操作ができるようになりました。

メインイメージキャプチャー

  

ファイルのツリー表示とサムネイル表示

動画データの保存先は予めマスターで設定でき、OTRS10を起動したときに動画の保存先フォルダが開かれた状態でツリー表示されます。さらに、保存先フォルダ内のファイルが中央にサムネイルで表示されます。分析したい動画ファイルのサムネイルを選択してクリックすると、分析画面に切り替わり、すぐに分析を始められます。

ツリー表示機能追加

部分ズーム機能

分析中に、より精緻な動きを確認したいときには、再生画面を拡大して分析できます。+ボタンをクリックし、ズームアップしたいところをマウス操作で囲むだけで、拡大再生できます。

再生動画ズーム機能

グラフ表示(稼動分析)

作業の稼働状況を示す稼動分析はIEの重要な分析手法です。OTRS10では、稼動分析画面を表示しておけば動作要素の種別設定と同時に円グラフで稼働状況の割合を表示します。稼動・準稼動・非稼動が色分けして表示されるので、稼働状況を直感的に判断できます。

稼動状況がグラフィカルに分かる

要素エディター

OTRS10は、動作を要素分割する要素エディターを搭載しています。要素エディターはタイムラインをベースにしているので、動作分析と時間分析を同時に行います。

ダブルクリックするだけで動作要素の範囲を指定できます。分割範囲を変更する場合は、マウスを押しながらタイムライン上の範囲を左右にスライドするだけで変更できます。

マウスを使った直感的操作で楽々

画面サイズを自在に変更

例えば、4分割の画面構成で分析中に、動画画面を大きくして再生したいときがあります。OTRS10は、マウス操作だけで動画画面のサイズを簡単に伸縮できます。

画面サイズ

最大20サイクルまで分析できる

1つの工程では同じ作業を繰り返すことがあります。繰り返される作業を撮影している場合、一連のプロセスを1サイクルと呼びます。同一の作業者が同じ作業を繰り返す場合、すべてのサイクルが同じタイムということはありません。これまでの旧バージョンでは最大で10サイクルまでしか分析できませんでしたが、OTRS10では最大20サイクルまで分析が可能になりました。

20サイクル集計表


(2) 最少の画面遷移

最少の画面遷移

OTRS10は、従来バージョンに比べ、画面遷移の手数や画面の起動を最少限に抑えています。分析作業の手数や起動に伴うストレスを減らし、メイン画面での分析作業を中心に分析のスピードアップを図っています。
旧バージョンでは、再分析を行う場合、再分析画面を起動しなけれなりませんでした。OTRS10では分析結果の画面からそのまま再分析することができます。

また、コメント入力機能でもコメント画面を起動する必要がなく、ペンツールをクリックするだけでメイン画面にコメント入力欄を表示し、すぐに書き込めます。

ツールバーには分かりやすいアイコンを配置しています。メイン画面の上部には画面構成やプリンタのアイコンがあり、どの画面からも出力できます。



(3) 多言語対応

日本語/英語を標準搭載!

多言語対応はOTRS10の大きな特徴のひとつです。 旧バージョンでは、日本語・英語・中国語に対応していましたが、それぞれ別々のパッケージでした。 OTRS10では、日本語と英語が標準搭載されています。さらに、他の言語ファイルを追加登録するだけで、画面内の表示をその言語に切り替えることができ、さまざまな海外の工場でも活用できるようになっています。

多言語対応

ナレーションも他言語の合成音声を追加可能

動画に音声解説(ナレーション)をつけたい場合、ナレーション機能を使います。ナレーションはマイクで直接登録します。そのほかに、文章を記述して合成音声でナレーションを読み上げることもできます。音声ファイルはMicrosoftが無償提供している合成音声ファイル(日本語はHaruka、英語はHelen)を使用しています。現在、日・英以外の言語の合成音声ファイルがリリースされています。ダウンロード後、OTRSに追加登録すればご希望の言語でナレーションを読み上げます。

多言語対応ナレーション


(4) 最新高性能動画エンジンDAe搭載

動画データ変換不要

OTRS10は最新の高性能動画エンジンDAe(Detailed Analysis engine)を搭載しています。

OTRS10では、一般的なビデオカメラで撮影された動画の92%に対応しているので、動画データを変換する必要がありません。また、通常、ビデオカメラで長時間撮影すると、撮影した映像は複数のファイルに分割して保存されますが、OTRS10は複数ファイルを1本の動画として取り込めます。
※顕微鏡用のカメラ、赤外線サーモグラフィのカメラ、可変フレームレートのカメラで撮影された映像には対応していません。

daeエンジン

高フレームレート処理実現

また、DAeによって、高フレームレートで再生が実現し、これまでにない精緻な測定が可能になりました。 熟練技術者の一瞬の「技」や高速稼動機器の動きを見逃しません。

ミルククラウン


(5) 要素組替

5つの分析データから自由に組み替え可能

旧バージョンでは、一つの動画ファイルが一つの分析データになっていれば、別々のサイクル間の要素を組み替えることができました。OTRS10では5つの動画ファイルで作られた分析データ間の要素を自由に組み替えることができるようになっています。さらに、組み替え後のデータは1つの動画ファイルの分析データとして出力できます。

要素組替

ベスト・ワーストラップの自動生成

また、最大20サイクルまで分析できるようになったOTRS10では、「BEST」「WORST」ボタンをクリックするだけで、分析サイクルの中でベストのラップ、ワーストのラップを抽出できるようになっています。

BEST・WORSTラップ


(6) エクセルインポート機能

日ごろから改善活動に取り組んでいて、すでに標準作業時間を定めている企業様の場合、OTRS10を導入することでゼロから分析をやり直すのは大変です。OTRS10では、すでにお持ちの分析データをエクセルデータとしてインポートすることができるようになりました。

新規に撮影した動画をOTRS10で分析し、それまで現場で使っていた標準作業と比較再生することによって、さらに改善を進めることができます。

エクセルインポート機能


(7) 保守サポート

安心の保守サポートサービス

最新版バージョンアップ、マイページからのお客様情報管理

保守サポートにご加入いただくと最新版のバージョンアッププログラムを無償ダウンロードできます。契約内容の変更や担当者の変更・追加はマイページから行えます。なお、OTRS10をご購入後、1年間は無償で保守サポートをご利用いただけます。2年目以降の契約更新は任意になります。

操作・設定マニュアル、チュートリアル動画

保守サポートサイトでは、OTRS10の操作・設定マニュアルをダウンロードできます。また、動画チュートリアルや最新の改良情報、よくあるご質問を閲覧できます。インストールディスクやUSBプロテクトキーが破損した場合も対応します(プロテクトキーは有償)。その他、OTRS専用のヘルプデスクオペレーターが操作方法や機能の疑問点などのお問い合わせに対応します。

保守サポートサービス詳細

保守サポートサイトイメージ

保守サポートサイト

商品概要

OTRS10 デモダイジェスト動画

OTRS10の特長をダイジェストで紹介した動画です。OTRS10の動作分析、 帳票出力、比較再生、要素組替、標準作業組合せ票、山積み表などの画面を紹介しています。

OTRS10電子帳票集

OTRS10電子帳票集

 ※電子帳票はブラウザのcookieを有効にしてご覧ください。

お問合せ
商品や保守サポートに関するお問合せは、弊社コールセンターまでご連絡下さい。
ブロードリーフ コールセンター