• OTRSロゴ
  • 作業分析/業務最適化ソフトウェア
    作業分析ツールのトップブランド!


  •  保守ログイン

  •  資料請求・デモ
現在位置
 ホーム > 改善のススメ > OTRS関連用語集> 見える化

用語集

OTRS関連用語集

見える化とは?

見える化とは、「目で見る管理」と同義で、さまざまな仕事の現場で起こる問題や課題に対して、迅速に解決できるようにするために、それらの問題や課題を誰もが共通認識として常に見えるようにすることをいう。判断材料の基本となる情報やデータを現場に明示し、現場の人が自ら気づき、問題意識を高め、自ら改善する努力を促す仕組みのこと。製造現場で使われてきた言葉で、現在は広くビジネス全般で使われるようになった。

トヨタ生産方式における「あんどん」や「かんばん」が良い実例として取り上げられる。
分業化が進む製造業では、前後の工程で何か起こっても分からなかったり、いま必要な生産数量が曖昧であったりすることが起こりがち。ラインのどこかで問題が起これば電光掲示板で表示され、誰もが状況を把握できる「あんどん」方式や作りすぎなどのムダをなくす「かんばん」方式は、状況を目で管理することができるみ見える化の形である。人やモノや機械が複雑に絡み合っていると、時として問題の所在すら曖昧になることがある。問題が見えないと、解決までの時間も遅れる。また、都合の悪い情報や問題を現場に伝えなかったり、情報を属人化してしまうという傾向はどの組織でも起こりがちであるが、それでは問題が野放しになり、いつまでたっても解決できず、結果的に生産効率は落ちる。

生産現場の見える化は、状況を数値やデータにすること、その情報から誰もが同じ認識を持てるようにすること、さらにその共通認識をベースにムダや異常を見抜いて、問題解決に取り組むことが重要である。隠れて見えなかった状況や課題を常に見えるようにしておけば、「気づき」も早くなる。
見える化が進めば、「問題の早期発見と解決」「自立的改善の活発化」「再発防止」の効果が期待できる。

OTRS関連用語集

最新記事一覧

統計・資料他

お問合せ
商品や保守サポートに関するお問合せは、弊社コールセンターまでご連絡下さい。
ブロードリーフ コールセンター